医療レーザー脱毛専門サイト|脱毛、医療レーザー脱毛なら【渋谷美容外科クリニック】

Basic knowledge

40代~50代が中心のVIO脱毛と「介護脱毛」

今、40~50代でVIO脱毛をする人が増えています。

先進国の中でも群を抜いて高齢化率が高いとされる日本では、社会的にも介護は他人ごとではない、とても身近な問題です。
介護が必要になった時にデリケートゾーンのムダ毛が原因でおむつかぶれをしたり、排泄物が付着しやすく、不衛生になりやすい等のデメリットもすでに具現化されています。

いざ自分が介護を受ける身となった時のために、事前にVIOゾーンの脱毛をしてケアしておくことは、「介護脱毛」や「介護VIO脱毛」と呼ばれています。現在、介護施設などでもケアの一部として注目されてきています。
すでにワキや腕など見える部分の脱毛は完了していたけれど、親近者の「介護」をきっかけに、40代~50代以上の方々がVIO脱毛を利用されるケースが増えてきているのです。

介護の負担を事前に軽減する「介護脱毛」

将来、自分が介護される立場になる可能性を考えて、
今のうちにアンダーヘアをキレイにしたい

介護脱毛は介護してもらう際のケア負担の軽減はもとより、ご自身が介護される際も手間がかかりにくい分、恥ずかしさも軽くなります。
介護を一生懸命行ってきた経験をお持ちの世代から生じた、自分の介護の際にできるだけ余計な手間をかけさせたくない、との気遣いの気持ちから発生し広がりつつある脱毛ケア。
将来の介護時だけでなく、早めにアンダーヘアの処理をしておくことは、日常生活の快適性や衛生面から考えてもメリットがあります。

 

VIO脱毛は白髪が出てくる前に。

以前は現在のように脱毛サロンが隆盛ではありませんでしたので、40代以上の女性では、ワキ脱毛は済んでいても、アンダーヘアの脱毛をされていない方が多くいらっしゃいます。
だからこそ、社会的な介護問題と「介護脱毛」に注目が集まっているとも言えます。

「介護脱毛」の注意点として、できるだけ早めに脱毛をスタートすることをおすすめします。
これは、脱毛が黒い毛根に光を反応させる施術のため、高齢になってアンダーヘアが白髪となってしまった場合に脱毛効果を高めるのが難しくなるためです。
これが、意識の高い40代~50代の方がアンダーヘアの脱毛をする理由になっていると考えられます。

VIOの脱毛をいつ始めるのか?
年齢的に白髪が出てくる前がベストです。

気になるお悩み、まずはお気軽にご相談ください。

  • 渋谷美容外科クリニック
  • オンライン相談
  • お電話はこちら

ページTOPへ ページTOPへ